スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさ~~~~ん


お元気ですか~~~?

わたしはなぜか元気です。(今、この瞬間はね・・・)

今日、学校の帰り道、

一人てくてく歩いてました、

そして思ったのです、

「UCLAが恋しくなるなぁ、、

わたし学校好きだなぁ、、」

と!!!

奇跡!

一年前の私ならまったく思わなかったでしょう。

UCLAに入って2年、

周りの景色はどれも当たり前の風景になってきたけど、

もうすぐここを去るんだと考えると、

どこに行くにも切ない気持ちになるのね、

大好きなジムとかも、

素敵な教室も、

大嫌いだった自分の学部の建物も、

あと少ししたら当たり前じゃなくなってしまうのね。

もう二度と見ないかもしれないのね。

人生って不思議ですね。

さーてラスト2ヶ月がんばってきま~~す。

って、まだ2ヶ月もあんじゃん!!!!



スポンサーサイト

まさかのライブラリ~

まさかのまさかの、学校のライブラリーから更新中です。

絶対行きたくない場所NO.1の学校のライブラリー。

24時間開いていて、テストが多い時期とかファイナル前は勉強する人々の群れに圧倒されてしまうので、なるべく行かない。。。まさにUCLA生の醍醐味を味わえる場所だけど、行きたくない。

でも今日は4日後提出を控えたペーパーのリサーチをしなければいけないので、土曜日なのにわざわざ来てます。わたしえらいです。ぷぷぷ。

前回の更新以来、気分も落ち着いてきたので、ファイナルウィークまでのラストスパートがんばります。

それではまたのちほど~

落ちてる・・落ちてる・・!


自分の心が落ちていく・・・・

3日前くらいまではすこぶる順調だった毎日だけど、昨日の午後から雪崩れのように、はじめは静かに、、しばらくしてドドドドドドドと落ちていってます。

そんな今、お風呂には3日入ってなくて、食欲も止まらなくて、睡眠はいつもどおり超不規則。

普段は良い香りのボディークリームが好きなので、毎日お風呂には入るけど、心が落ちるとお風呂に入ることを完全に忘れてしまう。

食欲は、後々が怖いので、野菜や果物、あとシリアルだけと決めて食べたいだけ食べてます。
食事との関係がここまでコントロールできるようになったのは自分でえらいと思います。

気持ちの波が激しい私だけど、今回は毎日のとある(ここにはかけない)ストレスが積み重なった結果だと思う。でも、ここまで表面化した原因はなんだろう・・・

ビーフジャーキー!!!!!

は?!と思ったでしょう・・?

わたし、ビーフジャーキーすんごぃ好きで、時々買うんだけど、あれ買うと決まって直後に気分が落ちている気がする・・・・。

まぁ気のせいだと思うけど、あれもう買うのやめよう。うん。

結局、最近専業主婦デビューした母に電話して慰めてもらいました。

そのあと爆睡して只今午前一時半。

あした、クイズ(小テスト)なんだけど、今ぜんっぜん勉強してません。
落ちてるから。。
このクラス、この前のテストすごく点数悪くて、
「やばぃ~~~(涙。卒業できない!!!!」
ってなって、すっごぃ勢いで勉強し始めたの。先生にもほぼ毎日質問メールしてるほど。
なのに、、、クイズ前日に気分落ちてしまい、今は何も勉強してない。
わたし、なにやってるんでしょうか。
でも一応、範囲は勉強してるんですけどね。


さてさて、、なんか久しぶりにここに書いていたらちょっと落ち着いたかな。

最近、このブログをまだチェックしてくれているという昔からの友達の話をちらほら聞いたからかな。
今、私がいる場所は昔からの友達が全然いなくて、心細いのね。
だから、昔からの友達が見ててくれると改めて知ってちょっと心がほっこりしました。

ありがとう。







reasons why I don't want to leave

昨日から5月に入った。

予定では7月31日に授業を全て取り終わるので、残りの留学生活3ヶ月切ったことになる。

やっと今、自分の中で、この国を去ることが現実的になってきたところ。

長かった留学生活、最近は本当に辛く感じるばかり。

でもここに来て、日本に帰ることが少しためらわれる。

それはきっとね、どこかの国で、その国の人間としてでもなく、でもただの旅行者でもなく、「留学生」として、ふわふわした存在でいることがとっても楽で、それがなくなってしまうのが怖いんだと思う。

そんな風な生活が気に入りすぎて、この国に学生ビザで残って違法にアルバイトをしながら何年も何年も残る人をよく見かける。

残りたいと思う気持ちはよくわかる。

日本のように縛るものの多い国からきたら、確かにこの国は天国。

でも、外国人である限り、戦うものがあるのもひとつの現実。

この国に自由な歴史があることで、沢山の自由を得られるが、

その歴史がある理由がこの国にはまだまだ残っているという現実もまた一つ。

嫌なことが起こったら、敵に回して、良い事が起こったら、やっぱりこの国大好き。

そんな感じで、都合のいいようにできる。

それが留学生。

それを何年も続けるのは私の生き方とは違う。

自由の恩恵を受けながら、都合のいいように生き続けられるのはすごく楽。

それが私がこの国を愛おしくなる理由の一つだとおもう。

でも、そういう生き方は選ばない。

私には私の国がある、

都合の悪い状況でも、立ち向かっていきたい。

考えたい、悩みたい、だって自分の生まれた国だもの。

ここで見る留学生みたいに、

「日本に戻って暮らすのは嫌だ」

「だけど日本の文化は美しい」

「アメリカでの暮らしは最高」

「でもこの国のあれはこれは嫌い」

私はこういう風になりたくない。

物事にはいいことも悪いことも付いてくるんだもの。

良いとこ取りの人生は嫌なんです。

なので私は帰ります。

嫌いだけど大好きな日本に帰ります。

注意:
良いとこ取りの人生も別に否定しません。
自分がそれでいいと思うなら、どんな人生でも良いんだと思う。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。